体を温めてすっきり若くなる、ふくらはぎの秘密




「ふくらはぎマッサージ」ダイエット

たちまち体が温まる「ふくらはぎマッサージ」ダイエット - デトックス・冷え・腰痛、肩こり、肌荒れにも効く

体を温めてすっきり若くなる、ふくらはぎの秘密

なぜ、ふくらはぎを触るだけで、体調がわかったりポカポカするのか?
それはふくらはぎのおかげで、血液がスムーズに体をめぐっているからです。人間の血液は重力のために約70%が下半身に集まります。ふくらはぎは上からどんどん降りてくる血液を受けとめ、重力に逆らって、せっせと心臓に戻すポンプとして、日夜働き続けています。第2の心臓と呼ばれるほど重要な働きをもつ、筋肉器官なのです。

よいふくらはぎ VS 悪いふくらはぎ

まず、ご自身のふくらはぎを手で軽くつかんでみてください。 触り心地はいかがですか?心も体も元気で、ぐっすり眠れる方のふくらはぎは、温かく、やわらかく、弾力があると思います。逆に、ふくらはぎが手のひらよりヒンヤリしている、フニャフニャして弾力がない、熱っぽい、かたくてカチカチ、パンパンに張っている、奥のほうにコリコリしたしこりがある、指で押すと跡がなかなか消えない。そんな方は、体になにか不調があるか、心に大きな悩みやストレスを抱えて いるのではないでしょうか。
そのまま、ふくらはぎ全体を1分ほど、もんでみてください。早くも足の先がポカポカしてきたり、背中がジワッと温かくなった人も多いと思います。



 よいふくらはぎ

冷えていたり熱っぽくなく、温かい

ゴムまりのように弾力がある

つきたての餅のようにやわらかい

皮膚に張りがある

奥にしこりがない

指で押したとき、ひどい痛みがない

指で押して離すと、すぐに元に戻る

痛みやだるさがない

 

 悪いふくらはぎ

手のひらより冷たい

ほてったように熱い

弾力がなくフニャフニャしている

ガチガチにかたい

むくんでパンパンに張っている

しこりがある

押すとひどく痛いところがある

押した指の跡が消えにくい


もむだけで免疫力がアップ!

平熱が36度を下回る低体温の日本人が、老若男女を問わず増えていますね。 昔から「冷えは万病の元」と言われ、現代の医学では「体温が1度下がると免疫力は30%以上、基礎代謝も10%以上落ちる」と唱えられています。冷えのおおもとは、「血液のよどみ」。川がよどむとにごるように、血液がスムーズに流れないから、栄養もホルモンもとどこおり、末端までよく血液が届かなくて、体が冷えてしまうんです。その結果、胃腸や心臓、腎臓もよく働かず、免疫力が落ちて風邪をよくひき、がん細胞が勢いづきます。脂肪や老廃物がたまって、むくんだり太ったりします。あちこち体調が悪くて痛み、肌はくすんで、髪もパサパサに。

では、体の内側から血流をよくして体を温めるには?かんたんです。ふくらはぎを毎日よくマッサージするだけです。これで自律神経もととのい、免疫力が格段に上がります。


たちまち体が温まる「ふくらはぎ健康法」
ふくらはぎマッサージでダイエット
たちまち体が温まる ふくらはぎ健康法
¥980/アスコム
本書は、ふくらはぎの血流をよくして健康になるための「元祖ふくらはぎマッサージ」をやさしく教えます。「ストレッチ」「さする・もむ・パッティング・筋肉への刺激など詳細なマッサージ方法」 「人にしてあげるふくらはぎマッサージ」など、カラー写真を使ってやさしく解説しています。
購入はこちらから






ティップネス オンライン パーソナルトレーニング